学生は丁寧に賃貸物件探しを行ないましょう!

集合住宅

初期費用を抑えられる

スーツの男性

賃貸物件を借りるときは、初期費用として敷金礼金などが発生します。敷金は賃料が払えなくなったときのための担保になったり、退去する際の修繕費用に回されたりします。そして礼金は大家さんにお礼の気持ちとして贈るものです。日本では昔からよろしくお願いします。という気持ちを込めて贈られていました。しかし、近年はその風習がなくなりつつあり、礼金0の賃貸物件を見かけるようになりました。そのおかげでまとまったお金がない学生でも気軽に一人暮らしをできるようになったのです。

通常礼金は賃料の2~3ヶ月分します。賃料が5万円で礼金を2ヶ月分支払わなければならないとなると、最初で10万円も準備しないといけないのです。それにプラスして家具家電なども購入するため、一人暮らしを始めるにあたって50万円は費用を用意しておく必要があります。相当なお金がかかることが分かるでしょう。ですから、少しでも費用を抑えるために礼金0の物件を選んだ方が良いのです。できれば敷金も0円だとさらに初期費用の節約になります。

礼金0の物件を探そうと思っている場合は、不動産会社に相談をしてみましょう。とくに敷金礼金0の物件を数多く取り扱っているところだと、自分が求めている物件を紹介してくれるはずです。礼金が0円にも関わらず、賃料が安価な賃貸物件を見つけられるかもしれません。
少しでも生活の負担を軽減させたいなら礼金0の物件を選びましょう。余ったお金は貯金に回したり少し質が良い家具を買えたりします。